うしく鯉まつりでガマの油売り口上

 5月、牛久市役所西側近隣公園(同市中央)ほかでうしく鯉まつりが開催(かいさい)された。会場では魚のつかみ取りや輪投げ、なわとび大会などを楽しむ子どもたちの元気な声がひびいた。自由の広場ではおくのガマガールによる「筑波山ガマの油売り口上」が公演された。「さあさあお立ち会い!」と威勢(いせい)のよい口上と色鮮やかな袴(はかま)姿に、たくさんの人たちが足を止めて聞き入った。柏崎かりんさん(中1)は「これからも素晴らしい芸を見せたい」、坪井穂乃佳さん(4年)は「まだ入ったばかりだけど、みんなを目指してがんばりたい」と伝統芸能への思いを語った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です