取手市/取手市立久賀小学校(2018年6月22日)

取手市

久賀小学校(2018年6月22日)

・学習意欲を高めるゲストティーチャーによる学び

取手市立久賀小学校では、ゲストティーチャーによる多彩(たさい)な学習が行われている。絵画や毛筆の教室や陸上記録会に向けての講習など、専門家に直接指導を受けることで、子どもたちはふだんの授業とは異なる楽しみや発見をし、学習意欲の向上につながっている。

・興味関心が高まる専門家による指導

さまざまな分野のゲストティーチャーが訪れる同小。昨年度、毛筆の学習では3年生は象形文字をハガキに書いたり、5年生は隷書(れいしょ)を学んで色紙に書いて作品を仕上げたり、ふだんの授業では書かない文字に接し、楽しく取り組むことができた。また秋には作品展に向けて、東京藝術大学の大学院生が絵画の指導をしてくれた。人物の描(か)き方や構図、彩色(さいしょく)など的確なアドバイスを受け、一生けん命取り組み、作品づくりに生かされた。陸上記録会に向けては、陸上クラブのコーチや高校生が指導に訪れ、ハードリングや走り方などを指導。ほかにも茶道の先生から作法を習ってお茶を頂いたり、わらを使った伝統工芸品を作っている地域の人に協力してもらい、しめなわ作りを行う予定である。「専門家の人たちの作品や走り方を見せてもらうだけでも、子どもたちには大いに刺激(しげき)になり、交流活動をとても楽しみにしている」と先生。専門家のアドバイスをもらい、子どもたちはふだんの授業では得られない多くのことを学び、学習への興味関心を高めている。

・「心の先生」の授業で命の尊さを知る

全学年で行っている「心の先生」の授業では、東京学芸大学講師の先生を招き、命の大切さについて学習する。それぞれの学年に応じた内容で、自分の心や体の成長と向き合い、生きる喜びや尊さを感じ、自他の命を尊重することを学んでいく。実際の大きさの赤ちゃんの人形をだいたり、聴診(ちょうしん)器を使って心臓の音を聞いたりするなど、体験することで子どもたちはより興味をもって取り組む。かけがえのない命を大切にするために、おたがいを思いやる心が大事であることも、子どもたちは6年間を通して学んでいく。

・縦割り班活動を充実し楽しい学校を目指して

「今年度は縦割り班活動をより充実(じゅうじつ)させたい」と先生。「ふだんは異学年で遊ぶことがほとんどないので、交流できる機会を作ってあげることに意義がある」と語り、いっしょに遊んだり、給食を食べたり、行事を縦割り班で行うなど、活動を広げることを考えている。「分からないことが分かり、できないことができるようになる楽しい学校を目指して」を今年度の目標にかかげる同小では、朝の自習時間に個別指導強化タイムと題して個別に対応するなど、一人ひとりにきめ細かな指導を行い、「心身ともに健康で最後までやりとげることのできる子ども」の育成に取り組んでいる。(2018年6月22日掲載)

 

  • 龍ケ崎市

馴馬台小学校(2018年6月22日)

・ハーモニー合わせる喜び育む龍ケ崎市小学校唯一の金管バンド

龍ケ崎市内の小学校で唯一(ゆいいつ)の金管バンド、龍ケ崎市立馴馬台小学校の「アニマート」が5月27日(日)、同市陸上競技場たつのこフィールドで開かれた「りゅうがさきラグビーフェスティバル」に出演した。オープニングセレモニーでは元気の良い演奏を披露(ひろう)し、会場から温かい拍手(はくしゅ)が送られた。

・オープニングセレモニーを演奏でかざる

出演したのは5、6年生18人。そろいの赤いユニフォームを着て、フィールド上で「ジッパ・ディー・ドゥーダー」「君の瞳に恋してる」を奏でた。選手入場のときも「ドラゴンクエスト」を披露し、中山一生市長もあいさつの中で「よい演奏だった。また次の機会にも演奏してほしい」とたたえた。

出演したトロンボーン演者は「緊張(きんちょう)したけれど、見に来た人が、笑顔になって、拍手もたくさんしてくれたのがうれしかった」。同じく小学5年児童は「ふいているうちに緊張がほぐれて、練習よりうまくふけた」とほほえんだ。

・20年以上にわたって活動

金管バンドは、1993(平成5)年の同校創立ごろに結成。10年ほど前に当時の6年生が「いきいきと元気に」という意味の「アニマート」と命名した。その名の通り、4年生から6年生までの35人が週に3回、放課後に集まって練習にはげんでいる。運動会では華(はな)やかなマーチングを披露するほか、地域のコミュニティーセンターのお祭りや市の芸術祭など校外での演奏機会も多い。同校では、今年も4年生15人が入団するなど、子どもたちの人気は高い。顧問(こもん)の辻村薫先生は「運動会で上級生の演奏を見たり、きょうだいが活動しているのにあこがれて入団してくる子が多い」と話す。楽器や楽ふの購入(こうにゅう)にあてるためにバザーでシクラメンを販売(はんばい)する保護者や、定期演奏会に欠かさず訪れる地域の人たちにも、活動は支えられている。

「ほこれる金管バンドに」

楽器はトロンボーン、トランペット、ユーフォニアム、チューバなど7種類。ほとんどの子どもが入団してから初めて楽器にふれる。最初は音を出すのも精いっぱいだが、根気よく練習を重ね、子どもたち自身が選んだ親しみやすい曲が演奏できるまでになる。

前よりも上手くなった、という実感が、子どもたちの喜びにつながっていると辻村先生。「活動を通じて、友達と曲やハーモニーを合わせる喜びを味わい、人前できちんとあいさつできる子どもに育ってほしい」。現在は9月開催(かいさい)の運動会に向けて、マーチングの練習の真っ最中。部長でアルトホルンの小学6年児童は「みんなを引っ張っていけるよううまくなって、この金管バンドを自慢(じまん)できるようにしていきたい」と力強く語った。(2018年6月22日掲載)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です