取手市のロボット教室から全国大会出場

8月、「第8回ロボット教室全国大会」(ヒューマンアカデミー主催)が東京大学安田講堂(東京都文京区)で開催(かいさい)された。取手西教室(取手市西)からは6才の児童が、ロボットのアイデアを競い合うプライマリーコースの部に出場。ブロックで作ったロボット「救助飛行機レスキューバード」を披露(ひろう)し、優秀賞を受賞した。「人がたくさんいてきんちょうしたけど、楽しく発表できた」と当日の様子を笑顔で話した。また、同教室に通う小学4年児童は「みんなが楽しめるようなスポーツ系のロボットを考えてる」と、次の大会への出場を目指していると話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です