ひたち野うしく小 親子で学ぶ南極講座

牛久市立ひたち野うしく小で11日(木)、元南極観測隊員の井熊英治先生による「南極クラス」が開かれ、4年生の親子が参加して南極への理解を深めた。井熊先生は昭和基地での観測隊の仕事や生活の様子、ブリザードなど厳しい自然の脅威(きょうい)、南極で見られるペンギンやアザラシ、オーロラなどについて、映像を見せながら楽しく解説。子どもたちは何万年も前の空気を閉じこめているという南極の氷にさわったり、風速60㍍以上の強風を体験したりしながら、先生の話に興味深く耳をかたむけ、遠い極寒の地に思いをはせた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です