あんこうのつるし切りを見学

つくば栄養医療調理製菓専門学校(牛久市ひたち野東)で「第16回つくば晃陽祭」が10日(土)・11日(日)の2日間開催され、学生たちがふるまう料理や体験にたくさんの人が集まった。10日(土)は本館で、あんこうのつるし切りが披露(ひろう)された。8㌔以上の宮城県産のあんこうは同校の卒業生が勤める土浦魚市場(土浦市中村)から用意し、卒業生の見事なさばき方に見学者からは拍手(はくしゅ)がわいた。下高津小4年女子児童は、「あんな姿になっちゃって、食べるのはちょっとかわいそう」と、初めて見るあんこうのつるし切りにおどろいた様子だった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です