「カタチ」テーマにプラネタリウム新番組/12日からエキスポセンターで

つくばエキスポセンター(つくば市吾妻)のプラネタリウムで12日から、オリジナル新番組「宇宙の中のオウムガイ ~自然にかくされたさまざまなカタチ~」の上映が始まる。今回のテーマは「カタチ」。私たちが星を表すとき、なぜとがった五角形を描くのかを問いかけるところからスタート。ひまわりの花やオウムガイなどに宇宙と共通するカタチが見られることを紹介し、我々が住んでいる世界と宇宙との関わりを考える。数学的な内容を分かりやすく伝える美しい映像も見どころの一つだ。
番組制作を手がけた運営部プラネタリウム担当の本橋由紀さんは「今まで関係ないと思っていたものもカタチを通じて宇宙とつながっている、そんな不思議な気持ちを感じでほしい」と話している。
6月23日まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です