つくばFCとコンチネンタルホームが連携協定

つくばFCとコンチネンタルホームが3月19日(火)、地域経済活性化、特に子どもや若者のための活動の連携協定を結んだ。

コンチネンタルホームの山﨑貴則取締役は「地域へ貢献する会社を目指し、側面から応援したい」と話し、「(つくばFCと)手を組みながら『つくば』に貢献したい」と強く語った。

また、4月6日(土)を「コンチネンタルホームDAY」とし、にセキショウチャレンジスタジアムで開催される関東サッカーリーグ1部の第1節の前座で少年少女向けのフットサル大会「第1回コンチネンタルカップ」を開催する。つくばFC石川慎之助代表は「子どもたちには、明日もっとサッカーをやりたい、今日よりも明日が楽しいと感じるようサッカーを指導していきたい」と子どもたちへのサッカーの夢を育みたいと話した。

さらに、今シーズンは、ジョイフル本田つくばFCのユニフォームパンツ(左裾部分)に「コンチネンタルホーム」を掲示することとなった。深沢裕輝キャプテンは「期待と責任を感じる。選手として新しいユニフォームで戦えることにモチベーションも上がる。厳しく温かく見守ってほしい」と、シーズンに向けて意気込みを語った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です