第1回んだボーイカップ開催つくばFC

筑波学院大学(つくば市吾妻)のTフィールドで3月24日(日)、「第1回んだボーイカップ」が開催された約190人の子どもたちが参加した。

 

これはつくばFCのスクール対抗戦で、午前はU-6・U-10、午後はU-8・U-12の大会が行われた。チーム名は動物名(U-6)、日本のプロサッカーチーム名(U-10)、国名(U-8)など工夫をこらし、「ブラジルがんばれ!」など見守る保護者の応援も盛り上がりをみせた。

U-12では3チームが参加、優勝したバルセロナはスペシャルマッチとして、スクールのコーチたちと対戦した。6年生にとって最後となったこの試合。女子児童(秀峰筑波学園義務教育学校)は「中学校にいってもサッカーを続けたい」と話した。優勝したバルセロナの男子児童(つくば市立東小)は「優勝はうれしかった。これからもサッカーを続ける」と笑顔で話した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です