茨城アストロプラネッツ 開幕戦で野球教室

4月6日(土)、野球の独立リーグ、ルートインBCリーグに今季から参戦する茨城初のプロ野球団アストロプラネッツの開幕戦がひたちなか市民球場(ひたちなか市新光町)で行われ、県内外から多くの観客が応えんに訪れた。試合前には子ども向けの野球教室が開かれ、小学1年生から中学1年生までの男女17人が参加。キャッチボールや守備の練習をした後、2チームに分かれて「並びっこゲーム」を楽しんだ。野球教室には同球団の人見隆太郎選手(投手)と小菅将慈選手(捕手)も参加し、子どもたちの指導をしたり、ゲームではそれぞれのチームに1人ずつ入って子どもたちといっしょに守ったり、作戦を考えたりして交流した。気持ちよく体を動かした子どもたちは「楽しかった」と笑顔を見せ、試合前の和やかなイベントを楽しんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です