「世にも不思議な美術展~トリックアートの世界2~」(つくばエキスポセンター

つくば市吾妻のつくばエキスポセンターで「世も不思議な美術展~トリックアートの世界2」の企画展が開催される。

トリックアートは、平面の絵でありながら、飛び出して見えたり、角度を変えると全く印象が変わったりする不思議な絵画作品。これは目の錯覚(錯視)が関係している。

企画展では「ジャングル体験」、「亀だ!3兄弟」などのリアルな絵画の前に立ち、スマートフォンやカメラで撮影すると面白い1枚が撮れる。

「恐竜に食べられちゃった」は、作品名の通り大きな口を開けた恐竜が描かれており、下顎の部分にしゃがみこめば今にも恐竜に飲み込まれそうな写真を撮れる。無料アプリをスマートフォンやタブレットにダウンロードすれば、動画を撮影できるAR(拡張現実)作品も登場する。海の中で泳いでいる魚と優雅に触れ合う人魚になりきれるようになっている。

ほかに、だまし絵や目の錯覚を体験できるコーナーなども設けている。

企画展は2020年2月9日(日)まで。

写真提供:公益財団法人つくば科学万博記念財団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です