秀峰筑波義務教育学校(2018年4月5日)

つくばで義務教育学校3校が開校(2018年4月5日)

今年度つくば市では3校の義務教育学校が開校した。筑波山ろくに位置する紫峰学園と百合ケ丘学園が統合して秀峰筑波義務教育学校となり、TX(つくばエクスプレス)沿線の学園の森義務教育学校は春日学園義務教育学校から、みどりの学園義務教育学校は輝翔学園から分離して新設。5日(木)にはそれぞれの学校で開校式が行われ、五十嵐立青市長から学校長に校旗がわたされた。翌6日(金)には始業式が行われ、子どもたちは新しい学校での生活に期待を寄せた。小学校7校と中学校2校が統合した秀峰筑波義務教育学校は学区が広いため、多くの児童がスクールバスで通学する。これまでは少人数の学校に通っていた子どもたちだが、他の学校だった友達ともすぐに仲良くなり、休み時間には大勢で楽しそうに遊んでいる。先生は「コミュニケーションを大事にし、大きな集団の中でも子どもたち一人ひとりが輝けるような学校にしていきたい」と話した。(2018年4月27日号掲載)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA