茎崎学園の児童生徒が音楽鑑賞

豊かな心の育成事業としてツインボーカルユニット「森と林」のコンサートが12月19日(水)市民ホールくきざきで開かれ、つくば市立茎崎中の全生徒、同市立茎崎第三小5・6年の児童は間近で聞き入った。森と林のオリジナルソングや時代を振り返ってその当時に流行ったクリスマスソングを披露。またアニメソングをいっしょに歌ったり、音楽に触れ楽しむコンサートとなった。

男子児童(茎崎第三小6年)は「とても心に響く声だった」、男子児童(同小6年)は「知っている音楽がCDで聴くより魅力(みりょく)があった」と生で聴く歌声に感動した様子だった。

森と林は今後もつくば市内の小中学校で音楽の楽しさや、自分の夢を追いかける姿勢を子どもたちに伝える活動をしたいと話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA