リトアニア駐日大使、奥野小を訪問

1月17日(金)、リトアニア駐日大使が牛久市立奥野小を訪問。子どもたちはリトアニアの小旗をふってむかえ、歓迎(かんげい)集会を開いたり、いっしょに書き初めを行ったりして交流した。同小はリトアニアの学校と協働で絵画の制作に取り組んでいる。テーマは「豊かで壁のない世界」。縦1・5㍍、横3.6㍍のキャンバスの半分に富士山や鳥居などを描いてリトアニアに送り、リトアニアの子どもたちが残りの半分を制作している。作品は東京五輪の会場に飾られる予定だ。6年生は大使からリトアニアについての話を聞き、スカイプを通じて制作の様子など報告し合った。参加した男子児童は「大使と会ってきん張した。絵ができるのが楽しみ」と笑顔で話した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA