「密」をさけてピアノ・フルート発表会

茨城YMCAでピアノやフルートを習う子どもたちの発表会が9月21日(月)開かれた。約50人が日ごろの練習の成果を披露(ひろう)した。15回目をむかえた今年は、「密」をさけるため、会場を昨年までのつくばカピオホールから筑波学園教会礼拝堂(つくば市東新井)に変こう、3回に分けて、完全入れかえ制で行われた。

子どもたちは一人ひとり舞台(ぶたい)に上がり、ぴんと背筋をのばして演奏。曲が終わるごとに客席から温かいはく手が送られた。初出場のつくば市立春日学園義務教育学校2年の女子児童は「上手にひけた」と笑顔。「情熱大陸」をピアノで熱演したつくば市立竹園西小6年の女子児童は「前回より客席が近くてきんちょうした」とはにかんだ。

また同YMCA東新井センターでは書道や美術を習う子どもの作品展もあり、来場者は子どもたちの力作に見入っていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA