「つくばの未来をツクルバ2021」つくば市・研究学園駅前公園で開催

 

 7月24日(土)、研究学園駅前公園(つくば市園南)でスカイランタンに希望をこめて「つくばの未来をツクルバ2021」(つくば青年会議所主催)が開催され、体験型中心の出店ブースや、LEDスカイランタンの打ち上げなどが行われた。

スポーツのブースでは、つくばユナイテッドSun GAIAの選手と触れ合えるミニバレーボールの体験ができ、参加した秀峰筑波義務教育学校6年生女子児童は、「外でのバレーはまぶしくて暑かったけど楽しかった」と笑顔を見せた。つくばユナイテッドSun GAIA

また、つくばFCによる体験用サッカーボールを使用したシュートの球速や的あてなどの体験ができ、友だちと参加した二人の男子児童(同市立吾妻小2年)は、「コーンに当てるゲームが楽しかった」と語った。つくばFC

午後6時50分からは、約300個のLEDスカイランタンが浮かび(紐付き)、来場者は幻想的な夜空を見守っていた。打ち上げに参加した学園の森義務教育学校2年の女子児童二人は、「2人がずっと友達でいられますように」と願いを書いたスカイランタンを空に飛ばした。と語ってくれた。つくば青年会議所

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA