昆tuber®かずきさんと昆虫の食レポ!こもれび森のイバライド

8月1日(日)、こもれび森のイバライド(稲敷市上君山)で「夏休み!家族でSDGsを学ぼう!昆虫の食レポ体験イベント」が開催された。

昆虫食活動家として活躍する昆tuber®(昆虫食YouTuber)かずきさんが昆虫食とSDGsついて牛とコオロギを比べながらわかりやすく解説。また、アフリカやタイ、中国など世界各地では1900種類ほどの昆虫が食べられていることに参加者たちは驚きながらも真剣に耳を傾けた。

そしていよいよ昆虫食にチャレンジ。YouTubeで多くの発信をしている昆tuber®かずきさんは実際に食べて感想を伝える食レポの基本として「美味しい以外の言葉で伝えること」と子どもたちにアドバイスした。子どもたちはカメラの前で少し緊張しながらも「タガメサイダー」を飲み、少し考えながら「モモみたいな味」「リンゴみたい」など、飲んだことのない人にわかりやすく伝えることができた。ほかにはコオロギチップなど加工してあるものは見た目も味も美味しいと感じるようだった。カイコとイナゴに挑戦したお母さんと女子児童はどちらが美味しいか食べ比べができるほどしっかり食レポができた。

最後に挑戦する子どもたちの前に「食べてもらうのはセミ!」と出されると「きゃーーーー!」と悲鳴を上げた。それでも恐る恐るセミをつかみ口へ運ぶと「バリバリ」と音を立ててかじった。少し時間をおいて「にがーい!!」と顔をしかめた。会場からは立派に食レポできた子どもたちに拍手が送られた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA