こたえ

 

【問1】イ 2番目

霞ヶ浦の面積は約220㎢で全国2位。霞ヶ浦がある場所は昔は海の一部で、その入り江(え)の水面が下がってできた湖だ。霞ヶ浦になってからも、1963(昭和38)年に海との境に常陸川水門(逆水門)ができるまでは海水が流れこんでいた。海水と淡水(たんすい)が混じる湖を「汽水湖」といい、シジミなどが生息し、霞ヶ浦でもたくさんとれていた。現在は、水門によって海水が入らないようにしているため淡水湖となり、湖にすむ魚介(ぎょかい)類の種類も変わった。湖面積の最大は滋賀県の琵琶湖で約670㎢。3位は北海道のサロマ湖。では、第4位はどこかな?自分で調べてみよう。

 

【問2】イ 4メートル

霞ヶ浦の深さは平均すると約4m、深い所で7mほど。広くて浅い湖で、東京ドーム約645杯(はい)分(8.5億㎥)の水をためることができる。浅いので太陽の光が水中に届きやすく、光合成をする植物プランクトンが発生しやすい。すると、植物プランクトンを食べる動物プランクトンが増え、動物プランクトンを食べる魚介類が増える。そして、その魚たちを人間が食べる、という仕組みになる。これを食物連鎖(しょくもつれんさ)という。昔はたくさんの漁獲(ぎょかく)物があり漁業も盛んだったが、水門ができて湖の水が200日近く外に流れないようになったり、プランクトンが大量発生したりで、だんだん水質が悪くなってきたため、とれる魚の種類も量も、漁師たちも減ってきてしまった。
しかし、霞ヶ浦産の漁獲物を積極的に活用することで、水質が変えられるのも事実だ。たとえば、私たちが霞ヶ浦で獲れる魚をどんどん食べると、魚に食べられた動物プランクトンも、動物プランクトンに食べられた植物プランクトンも、いっしょに湖の外に出ることになる。もしも、魚やプランクトンが湖の中で死んでくさってしまうと、水をよごす原因になるもの(有機物)に変化してしまう。この話は難しいので、またの機会にしたいが、広くて浅い霞ヶ浦の中では、いろいろなことが行われているということを覚えておこう。そして、霞ヶ浦産の魚たちをモリモリ食べよう! ちなみに、霞ヶ浦と海面との差は16cmほどで、水門がない頃(ころ)は洪水(こうずい)も多かった。その水門の役割もいろいろあり、漁業だけではなく農業との関係もある。その話もまた。

 

【問3】イ 56本

現在、西浦に29本、北浦に23本、常陸川に4本、合計56本の河川が霞ヶ浦に流れこむ。こんなに多くの河川から霞ヶ浦に流れこんでいるのに、逆に霞ヶ浦から出ていくのは常陸利根川のみで、神栖市で利根川に合流する。霞ヶ浦に流れる河川の水がよごれていれば、当然、湖もよごれる。雨がたくさん降った後の霞ヶ浦を見てみると、上流からの土砂が混じった茶色い水になっているのもわかる。ふだんから、私たちが川の水をよごさないようにすることが、きれいな霞ヶ浦につながっていく。