常陽小学生新聞で掲載された「星の世界」、「日本の野鳥」、「昔の道具」、「植物図鑑」を紹介します。

 

貴重な写真も沢山ありますので、じっくり調べてみて下さい。

植物図鑑「クチナシ」(2020年7月17日号)

  日本では、静岡県より西の本州、四国、九州、沖縄に分布しますが、台湾や中国などにもあります。白い花は6月から7月にかけて咲(さ)きますが、とても甘...

続きを読む

植物図鑑「クロユリ」(2020年6月19日)

中部地方より北の高山や北海道の草原に生えている植物です。花の色が黒っぽいので、クロユリと名づけられていますが、花にふくまれているのは赤紫(むらさき)色のアントシアニンという...

続きを読む

植物図鑑「ヨウシュヤマゴボウ」(2020年9月4日号)

ヨウシュヤマゴボウ

ヨウシュヤマゴボウという名前を知らない人は多いかもしれませんが、夏から秋にかけて、1メートルぐらいで、大きな葉をつけ、道ばたのいたるところに生えているので、多分多くの人が見...

続きを読む

昔の道具「陶枕(とうちん)」(2020年9月4日号)

陶枕は陶器でできた枕(まくら)です。陶器の感触(かんしょく)がひんやりと冷たいので、夏の昼寝(ひるね)用に使われていました。ちょうど頭を置く部分がへこんでいるため、かたくてもあまり...

続きを読む

昔の道具「ウナギカキ(ウナギカマ)」(2020年9月25日号)

  竹竿(たけざお)の先に、弓なりに反った金属のフック(=かぎ)がついているウナギとりの道具です。川底の泥にもぐりこんでいるウナギが息つぎをする穴を...

続きを読む

植物図鑑「ムラサキシキブ」(2020年9月25日号)

北海道から沖縄まで、日本全国の低山や平地に生えているクマツヅラ科の植物です。紫(むらさき)色の美しい実をたくさんつけるので、庭木としてもよく植えられており、多くの人が目にす...

続きを読む

星の世界シリーズ「木星と土星」2020年9月25日号

テーマ「木星と土星」 木星  土星 © 国立天文台 今の時期、南の空には仲良く並んで輝くふたつの惑星、木星と土星を見つけることができます。夜空を見上げ最も明るく...

続きを読む

星の世界「木星と土星」2020年9月25日号

土星                   木星               © 国立天文台 今の時期、南の空には仲良く並んで輝くふたつの惑星、木星と土星を見つけること...

続きを読む

星の世界シリーズ【夜空の宝石】2020年9月4日号

テーマ「夜空の宝石」 アルビレオ © 国立天文台 9月の夜空にはまだまだ夏の星座や天体が見えています。なかでもアルビレオは特にきれいな天体の一つです。 アルビレオ...

続きを読む

日本の野鳥「ヨシゴイ」(2020年6月19日号)

日本の野鳥シリーズ ろくろ首の「ヨシゴイ」 湖や川の岸辺には、ヨシという背の高い草がまとまって生えているところがあり、そこにすんでいるのがこのヨシゴイ。カラスよりひ...

続きを読む

昔の道具「鬼おろし/がりがりおろし」(2020年7月17日号)

大根をすりおろすときに使う道具です。下の持ち手の部分を片方の手で持って、もう片方の手で大根をおしつけながら上下に動かしてすりおろします。写真のものはじょうぶな木でできた枠(...

続きを読む

日本の野鳥「チュウサギ」(2020年6月19日号)

日本の野鳥シリーズ かざり羽がきれいな「チュウサギ」 田植えの終わったころにやってくるわたり鳥。実はシラサギという名前のサギはいなくて、体の大きさによって「ダイサギ...

続きを読む

星の世界シリーズ【さそり座】2020年7月17日号

「さそり座」 さそり座の星図 (C)ステラナビゲータ10/(株)アストロアーツ さそり座の写真。明るく光る赤い星がアンタレス(右上) (C) Akira Fuji...

続きを読む

昔の道具「行燈(あんどん)」(2020年6月19日号)

手に持って移動できる灯(あか)りなので、「持って行く灯」の意味から、行灯と言われました。外で持ち歩ける提灯(ちょうちん)が登場すると、家の中に置いて使われるようになりました...

続きを読む

星の世界シリーズ【はやぶさ2】2020年6月

はやぶさ2 はやぶさ2 ( イメージ画像) © 池下章裕 2014年12月3日に太陽系や生命の起源を探るため小惑星探査機「はやぶさ2」が打ち上げられました。 はや...

続きを読む

植物図鑑「フキ」(2020年3月)

道ばたによく生えているばかりでなく、栽培(さいばい)もされているキク科の植物です。春先に葉より先に芽を出す花の集まりはフキノトウと呼ばれ、山菜として親しまれています。葉の茎もま...

続きを読む

星の世界シリーズ【シリウス】2020年3月号

テーマ【シリウス】 シリウス©Akira Fujii 季節はもう春ですが、空にはまだ冬の星たちが輝いています。おおいぬ座にあるシリウスは、星座を作る星の中では一番明...

続きを読む

植物図鑑「ヤツデ」(2020年2月21日)

私たちが生活している茨城県を北限として、本州、四国、九州の、主に海岸に近い林の中でふつうに見かける一年中緑の葉をつけたままでいる植物です。11月から12月にかけて、小さな白...

続きを読む

日本の野鳥「オシドリ」(2020年2月13日号)

日本の野鳥シリーズ オシドリ夫婦は仲がいい?「オシドリ」 日本で見られるカモの仲間の中で、一番美しい羽色をしています。冬は、ダムや山の中の水辺で集団で過ごしますが、...

続きを読む

「蒸籠(せいろう)」(2020年2月21日掲載)

↑蒸籠がのったかまど(上)と蒸籠の内側(下) かまどで、もち米や赤飯、まんじゅうなどを蒸すときに使われた調理道具です。釜(かま)でお湯をわかし、その上にのせます。蒸...

続きを読む

植物図鑑「ホトケノザ」(2020年1月31日)

4月から6月にかけて畑や道ばたなどでふつうにみられる、いわゆる「雑草」といわれる植物の仲間ですが、日だまりなどでは、まだ寒い1月や2月でも花が咲(さ)いているのを見かけることが...

続きを読む

星の世界シリーズ【ベテルギウス】2020年1月31日号

星の世界 ©つくばエキスポセンター 四季折々の星空のうち、もっとも明るい星がたくさん見える冬。その中でもひときわ目立つのが、冬の星空のシンボル、オリオン座。オリオン...

続きを読む

昔の道具「片口(かたくち)」2020年1月31日掲載)

  お酒やおしょうゆの一升(いっしょう)ビン(1800㎖)などの大ビンから、一合徳利(いちごうとっく・180㎖)などの小さな器に移すための容器です。...

続きを読む

日本の野鳥「アカハラ」(2020年1月31日号)

日本の野鳥シリーズ おなかが赤いから「アカハラ」 ハトよりひとまわり小さなツグミの仲間。夏は高山にいて、冬になると平地の林などに移動してきます。ロシアの方からわたっ...

続きを読む

星の世界「流れ星を見よう」(2019年12月13日号)

「流れ星を見よう」 流れ星を見たことはありますか?12月14日の夜から15日の朝にかけては、流れ星を見られるチャンスです。ふたご座の方向から流れ出すように見える「ふたご座...

続きを読む

植物図鑑「ヒイラギ」(2019年12月13日号)

ヒイラギは1年中緑の葉をつけているモクセイ科の木です。日本では昔から節分の豆まきの時に、玄関(げんかん)にイワシの頭とヒイラギの葉をかざる習慣があります。クリスマスでもヒイ...

続きを読む

昔の道具「背負い籠(しょいかご)」(常陽小学生新聞2019年12月13日掲載)

ランドセルように肩に背負ってかり取った草や野菜、農具、時には20キロもあるお米を入れて運んでいました。籠(かご)は、木や竹を編んで作られており、肩が痛くならないように、やわ...

続きを読む

日本の野鳥「ヒドリガモ」(2019年12月13日号)

日本の野鳥シリーズ 冬にペアリング「ヒドリガモ」 冬になると、寒い北国からたくさんのカモがわたってきます。そのうちで数が多いのはヒドリガモ。川や湖のほか、公園の池で...

続きを読む

星の世界「宵の明星・金星」(2019年11月22日号)

「宵の明星・金星」 夕方の南西の空に、ひときわ明るく輝く天体が見えています。宵の明星・金星です。金星は地球のすぐ内側を回る太陽系の惑星で、大きさや重さなどが地球とよく似て...

続きを読む

植物図鑑「ビワ」(2019年11月22日号)

もとは中国原産のバラ科の植物ですが、現在では、実を食用として日本全国で栽培(さいばい)されています。オレンジがかった黄色の果実は6月ごろに熟(じゅく)し、果物屋さんで売られ...

続きを読む

日本の野鳥「コハクチョウ」(2019年11月22日号)

日本の野鳥シリーズ 白鳥にも種類がある「コハクチョウ」 冬に日本に飛来する野生のハクチョウはオオハクチョウとコハクチョウの2種類あります。霞ヶ浦などに夏もいるのはコ...

続きを読む

星の世界「系外惑星」(2019年10月25日号)

系外惑星 「恒星の周りを回る系外惑星のイメージ図」© つくばエキスポセンター 私たちの住む地球は太陽系の中にあります。 太陽系の中には、水星、金星、地球、火星、木...

続きを読む

日本の野鳥「ノスリ」(2019年10月25日号)

日本の野鳥シリーズ 野原にいるタカ「ノスリ」 カラスより少し大きいタカの仲間で、平地の里山から山の森にすんでいます。冬になると、ロシアや北海道などからわたって来るも...

続きを読む

植物図鑑「アケビ」(2019年10月25日号)

秋に紫色の実をつけるアケビの仲間は、日本にはアケビ、ミツバアケビそしてムベの3種類があります。実はどれもよく似ていますが、アケビは葉が5枚、ミツバアケビは3枚です(正確には...

続きを読む

昔の道具「噴霧器(ふんむき)」(2019年9月27日掲載)

筒(つつ)の先についている丸いタンクの中に殺虫液を入れ、蚊(か)やハエなどの害虫に向けてレバーを勢いよく押すと、霧(きり)状になった薬剤(やくざい)が水鉄ぽうのように噴射(...

続きを読む

日本の野鳥「ハクセキレイ」(2019年9月27日号)

日本の野鳥シリーズ 勢力を広げた「ハクセキレイ」 水辺でくらすツートーンカラーのかわいい小鳥です。昔は、北海道など寒いところにしかいなかったのですが、だんだんと南に...

続きを読む

植物図鑑「グミ」(2019年9月27日号)

最近ではグミというと、おかしを思いうかべるひとが大多数だと思いますが、植物のグミは、アキグミやナワシログミなど、日本に15種類以上が知られている、関東でもふつうに見かける低木で...

続きを読む

星の世界「環状星雲M57」(2019年9月2日)

星の世界シリーズ 環状星雲M57。小型の望遠鏡を使うと、小さな雲のような姿を見ることができる。(Credit: NAOJ)   「環状星雲M...

続きを読む

植物図鑑「オシロイバナ」(2019年9月2日号)

もともとはメキシコが原産の植物ですが、今では、日本では庭でふつうに栽培(さいばい)されているばかりでなく、暖かいところでは、野生化もしています。花の色は一般には赤紫(あかむらさ...

続きを読む

日本の野鳥「キアシシギ」(2019年9月2日号掲載)

日本の野鳥シリーズ 長距離をわたる「キアシシギ」 ハトぐらいの大きさの水鳥で、足とくちばしが長くて黄色っぽいのが特ちょう。田んぼやハス田のようなところで、小さな貝やエビ...

続きを読む

昔の道具「木挽鋸(こびきのこ)」(2019年7月12日掲載)

丸太などを板や角材に加工する作業を製材といいます。機械で製材が行われるようになる70年くらい前までは、大きな鋸(のこぎり)を使って製材する木挽(こびき)という仕事がありまし...

続きを読む

植物図鑑「ホタルブクロ」(2019年7月12日号)

低山や丘でふつうに見かけるキキョウの仲間です。6月から8月のはじめころに咲く花は、5枚の花びらが合わさって袋(ふくろ)状になっており、昔、その中にホタルを入れて遊んだことからホ...

続きを読む

星の世界「夏の星空」(2019年7月12日号)

「夏の星空」 7月20日夜9時ごろの星空。(ステラナビゲータ10/(株)アストロアーツ) 今の時期夜9時ごろ、南の空低いところには、目立って輝く明るい星、木星が輝い...

続きを読む

日本の野鳥「ヒヨドリ」(2019年7月12日号掲載)

日本の野鳥シリーズ 世界ではめずらしい?「ヒヨドリ」 遊園地から山おくの森まで、いろんなところで見られるごくふつうの鳥。学校やおうちのまわりでも見かけたことがきっとある...

続きを読む

日本の野鳥「スズメ」(2019年6月21日号)

日本の野鳥シリーズ いちばん身近な鳥「スズメ」 スズメは、人の住んでいない山おくにはほとんどいません。なぜかというと、田んぼや畑でエサをとったり、家の屋根のすきまなどに...

続きを読む

昔の道具「柱時計」(2019年6月21日掲載)

家の柱やかべにかけておく時計で、文字ばんケースにふり子がついています。1時間ごとにその「時」の回数だけ「ボーン、ボ-ン」と音を鳴らすことからボンボン時計とも呼ばれ、はなれて...

続きを読む

星の世界「アークトゥルス」(2019年6月21日号)

星の世界シリーズ 夜9時ごろ、南の空高くに見えるオレンジ色の星は、アークトゥルスです。うしかい座のとても明るい星で、ま ち明かりがあっても見つけることができるでしょう。春の星と...

続きを読む

植物図鑑「ヤマブキ」(2019年6月21日号)

沖縄を除く日本全国の低山にふつうに生えているばかりでなく、庭園などにも広く植えられているバラ科の植物ですが、野生のものは日本以外では、中国の一部にしかありません。花の色は濃...

続きを読む

昔の道具「文机」(2019年5月31日号)

みなさんが学校で使っている机は、いすに座って学習するスタイルですが、昔は正座をして「読み、書き、そろばん(計算)」を習う和のスタイルであったため、脚の短い机でした。江戸時代...

続きを読む

植物図鑑「カキツバタ」(2019年5月31日号)

カキツバタは沖縄を除く日本全国で見られるアヤメの仲間です。アヤメとよく間違われますが、カキツバタは広い葉をもち、湿地などの水辺に生え、関東では5月の連休の頃に花が咲きます。それ...

続きを読む

日本の野鳥「アマサギ」(2019年5月31日号)

金髪(きんぱつ)のシラサギ「アマサギ」 日本でよく見られるシラサギの中で一番小さい鳥。東南アジアなどで冬をこし、春に日本にわたってきて子育てをします。冬は真っ白ですが...

続きを読む

昔の道具「鯨尺(くじらじゃく)」(2019年4月26日号)

私たちが使っている物差しは、今から60年前の1959(昭和34)年に「メートル法」に統一され、長さを測る定規の目盛りはm、㎝、㎜の単位が付けられています。写真の鯨尺では1寸...

続きを読む

星の世界「はやぶさ2 」(2019年4月26日号)

星の世界シリーズ 小惑星探査機「はやぶさ」の着陸想像図 提供:J.R.C. Garry ( パブリックドメイン ) 「はやぶさ2 」 日本の探査機「はやぶさ2」は、...

続きを読む

日本の野鳥「オオルリ」(2019年4月26日号)

森のテノール歌手「オオルリ」 スズメと同じくらいの大きさの美しい小鳥。4月の中ごろに、フィリピンやマレーシアなど南の国からわたってきます。山の中の沢(さわ)沿いの森に...

続きを読む

星の世界「宇宙の窓」(2019年3月15日号)

星の世界シリーズ [caption id="attachment_1807" align="alignnone" width="...

続きを読む

植物図鑑「キランソウ」(2019年3月15日号)

あまり聞きなじみのない名前ですが、関東地方では道端(みちばた)や庭で見ることのできる「雑草」です。2~3㌢ほどの濃(こ)い紫(むらさき)色の花をつけるシソ科の植物です。この植物...

続きを読む

昔の道具「曲尺(かねじゃく)」(2019年3月15日号)

大工さんなどが建物を造るときに、長さを測るのに使っている道具で、差し金または曲尺ともいわれる定規(=ものさし)です。L字型になった長いほうを「長手(ながて)」、短いほうを「...

続きを読む

日本の野鳥「エナガ」(2019年3月15日号)

森の曲芸師「エナガ」 スズメより小さな尾(お)の長い鳥。平地から山の雑木林に多くすんでいます。体がとても身軽なので、細い枝の先にぶらさがったり、キツツキのように幹にぴ...

続きを読む

植物図鑑「ウメ」(2019年2月22日号)

もとは中国が原産の植物で、日本には奈良時代より前に伝わったとされ、現在では花は観賞用に、また若い果実はそのまま食べると毒がありますが、梅干しなどにすると食用になります。まだあま...

続きを読む

昔の道具「手動計算機」(2019年2月22日号)

  みなさんは、計算機と聞くと何を思い浮かべますか? そろばん?電卓?それともスマートホンの機能を思い浮かべる人もいるかも知れませんね。この計...

続きを読む

星の世界「カノープス」(2019年2月22日号)

星の世界シリーズ 午後8時ごろ、南の地平線ぎりぎりのところに、りゅうこつ座の1等星カノープスが姿を見せています。おおいぬ 座のシリウスに次いで、全天で2番目に明るい星です。しか...

続きを読む

日本の野鳥「セグロセキレイ」(2019年2月22日号)

とってもスマート「セグロセキレイ」 日本とその周辺の国にしかいない鳥。石がころころ転がっている川の中流に多い鳥でしたが、このごろは川や湖が近くにある田畑、公園、住宅地...

続きを読む

植物図鑑「スギ」(2019年1月25日号)

今では花粉症(かふんしょう)の原因として有名になったスギは、本州から九州まで分布し、私たちがふつうにお目にかかる木ですが、実は世界中で中国のごく一部をのぞくと日本でしか見ら...

続きを読む

昔の道具「ほうろく」(2019年1月25日号)

素焼きの平たく浅い土なべで、七輪やかまどの上で豆類や穀物、お茶などを煎(い)ったり、魚やもちなどを焼いたりする道具として使われ、焼きあみが普及(ふきゅう)するまで台所の必需...

続きを読む

日本の野鳥「コガモ」(2019年1月25日号)

日本の野鳥シリーズ 小さくてかわいい「コガモ」 日本で見られるカモの中ではいちばん小さく、ハトよりひとまわり大きいくらいです。冬にわたってくるわたり鳥で、公園の池に...

続きを読む

星の世界「今の季節に 見ることができる 朝方の天文ショー」(2019年1月25日号)

星の世界シリーズ 「今の季節に 見ることができる 朝方の天文ショー」 [caption id="attachment_1578" align="...

続きを読む

日本の野鳥「アカゲラ」(2018年12月14日)

日本の野鳥シリーズ 冬には里におりてくる「アカゲラ」 ハトより少し小さめのキツツキ。わりと高い山にすんでいますが、冬になるとエサをもとめて 里近くの雑木林や、大き...

続きを読む

植物図鑑「マツ」(2018年12月14日号)

マツの仲間は日本には7種が知られていますが、私たちに最も身近な植物はアカマツとクロマツです。アカマツは木の皮が比較(ひかく)的赤く内陸に、一方、クロマツの木の皮は黒っぽく海...

続きを読む

昔の道具「台秤(だいばかり)」(2018年12月14日掲載)

昔の道具シリーズ 昔の道具「台秤(だいばかり)」   縦52センチ、横35センチの荷台がついた大型の秤です。荷台の下に車輪がついているので、...

続きを読む

星の世界「クリスマスの北十字」(2018年12月14日)

星の世界シリーズ 「クリスマスの北十字」 [caption id="attachment_1379" align="alignnone&quo...

続きを読む

昔の道具「上皿棹はかり」(2018年11月22日号)

昔の道具シリーズ 昔の道具「上皿棹(うわざらさお)はかり」 量りたいものを右の上皿にのせ、左につるされたおもりの台に分銅(おもり)をのせます。棹(さお)に付いたおも...

続きを読む

星の世界「天王星と海王星」(2018年11月22日)

星の世界シリーズ 「天王星と海王星」 ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した天王星(提供:NASA) 太陽系には、地球をふくめて8つの惑星(わくせい)があります。なかで...

続きを読む

植物図鑑「ススキ」(2018年11月22日号)

植物図鑑シリーズ「ススキ」 北海道から沖縄まで日本全国の野原に生えている植物で、昔は「かやぶき屋根」をふく材料として重要でしたが、かわらやトタンに取って代わられ、大きなス...

続きを読む

日本の野鳥「コゲラ」(2018年11月22日掲載)

日本の野鳥シリーズ 背中がごま塩もようの「コゲラ」 スズメくらいの大きさの小さなキツツキ。英語の名前はジャパニーズ・ピグミー・ウッドペッカー(日本の小さなキツツキ)...

続きを読む

昔の道具「水筒(すいとう)」(2018年10月26日)

昔の道具シリーズ 昔の道具「水筒(すいとう)」 昔の人は、長旅をするのに水筒を持ち歩いていました。今のようにコンビニや自動販売機などで、いつでも飲み物を手に入れる事...

続きを読む

日本の野鳥「ツグミ」(2018年10月26日)

日本の野鳥シリーズ 「ツグミ」おなかのボツボツが目立つ 山が紅葉シーズンをむかえると、ロシアなど北の寒い地方からいろいろな鳥たちが日本へわたってきます。その代表的な...

続きを読む

星の世界「アンドロメダ銀河」(2018年10月26日)

星の世界シリーズ 「アンドロメダ銀河」 「アンドロメダ銀河」© NASA/JPL-Caltech アンドロメダ銀河は、アンドロメダ座の方向にある、数千億個の星が渦...

続きを読む

植物図鑑「ニシキギ」(2018年10月26日)

植物図鑑シリーズ 「ニシキギ」 日本は北アメリカ大陸の北部とともに秋にきれいな紅葉が見られる場所ですが、その代表的な植物として、カエデの仲間のほかにツタやウルシがよ...

続きを読む

星の世界「マイ星座にチャレンジ」(2018年9月28日)

星の世界シリーズ 「マイ星座にチャレンジ」 プラネタリウムで見る秋から冬の星座 星座が生まれたのは、今から五千年前のメソポタミア地方(今のイラク辺り)だと考え...

続きを読む

昔の道具「扇風機(せんぷうき)」(2018年9月28日)

昔の道具シリーズ 「扇風機(せんぷうき)」 昔は夏になると、どこの家でも窓を開けて風通しを良くしたり、うちわであおいだりして、夏の暑さをしのいでいました。やがてうち...

続きを読む

日本の野鳥「ホオジロ」(2018年9月28日)

日本の野鳥シリーズ 日本の野鳥「ホオジロ」 大きさ、羽色ともスズメにたいへんよく似た小鳥です。雑木林や河原、農耕地など、身近な場所に住んでいるので、スズメだと思って...

続きを読む

植物図鑑「ノブドウ」(2018年9月28日)

植物図鑑シリーズ 「ノブドウ」 北海道から沖縄まで、日本全国の山野にふつうに生えているつる性の植物です。花は夏に咲(さ)きますが、小さくてあまり目立ちません。果実は...

続きを読む

星の世界「フォーマルハウト」(2019年9月27日)

星の世界シリーズ アルマ望遠鏡で撮影したフォーマルハウトと周りの環 (C) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO); M. MacGregor 秋の夜、南の空で一...

続きを読む

日本の野鳥「カワウ」(2018年9月3日)

日本の野鳥シリーズ すもぐりが得意「カワウ」 体は真っ黒、首とくちばしが長く、大昔の翼竜(よくりゅう)みたいな形をしている鳥。大きな湖や川のあるところで一年中見られ...

続きを読む

星の世界「小惑星リュウグウ」(2018年9月3日)

星の世界シリーズ 「小惑星リュウグウ」 「はやぶさ2」が約20kmの距離から撮影した小惑星リュウグウ提供:JAXA、東大など地球から見ると、おとめ座の方向にある。太...

続きを読む

昔の道具「枡(ます)」(2018年9 月3 日号)

昔の道具シリーズ 昔の道具「枡(ます)」 お米やお酒などの分量をはかる道具で、木製の四角い箱のような形をしています。写真の左側の小さい方は一合枡(いちごうます)で、...

続きを読む

植物図鑑「アザミ」(2018年9月3日)

植物図鑑シリーズ 「アザミ」 日本にはアザミの仲間は50種以上もあり、専門家でも区別がしにくい植物のひとつです。その中で私たちがいちばんよく目にするのがノアザミで、...

続きを読む

星の世界「火星大接近」(2018年7月13日)

星の世界シリーズ 星の世界「火星大接近」 バイキング1号が撮影した火星(1980年2月22日) ©NASA 2018年7月31日、火星と地球が最接近します。...

続きを読む

昔の道具「氷けずり器」(2018年7月13日)

昔の道具シリーズ 昔の道具「氷けずり器」 大工道具にカンナという道具があります。大工さんはこれを両手で持って、下に向いた刃を木材にあて、引き動かしながら木をけずりま...

続きを読む

日本の野鳥「オナガ」(2018年7月13日)

日本の野鳥シリーズ これでもカラス「オナガ」 黒いぼうしに水色の羽と長い尾羽がとてもきれいな鳥ですが、カラスのなかまなんですよ。街路樹のある街中や広い公園などにすん...

続きを読む

植物図鑑「ヒルガオ」(2018年7月13日)

植物図鑑シリーズ 「ヒルガオ」 ヒルガオはアサガオによく似た花をつけるヒルガオ科の植物です。アサガオが朝咲くのに対して、ヒルガオは昼間に花が咲きます。どちらも私たち...

続きを読む

星の世界「七夕の星」(2018年6月22日)

星の世界シリーズ 星の世界「七夕の星」 「天の川の両側で輝くベガ(左上)とアルタイル(中央下)」© A. Fujii もうすぐ七夕ですね。七夕のお話に出てくる...

続きを読む

昔の道具「竿秤(さおばかり)」(2018年6月22日)

昔の道具シリーズ 昔の道具「竿秤(さおばかり)」 重さを量る道具で、竿(さお)の支点となる取っ手を持ち、量りたい品物を片側に付いているかぎづめにつるし、重り(分銅)...

続きを読む

日本の野鳥「シジュウカラ」(2018年6月22日)

日本の野鳥シリーズ 子だくさんの「シジュウカラ」 ちょっとした林があれば、街の中の公園や住宅地など、身近な場所でも見られる小鳥。黒い頭に白いほっぺが特ちょうで、「ツ...

続きを読む

植物図鑑「ハナショウブ」(2018年6月22日)

植物図鑑シリーズ 「ハナショウブ」 ハナショウブは日本に広く分布しているノハナショウブから改良された園芸品種で、江戸時代ごろから栽培が盛んになり、今では2000もの...

続きを読む

昔の道具がん灯(がんとう)(2018年5月25日)

昔の道具シリーズ がん灯(がんとう) 江戸時代に発明された明りの道具で、中にロウソクが入っています。ロウソクを立てる台が回転するように作られているので、上下、左右、...

続きを読む

星の世界「二重星 コル・カロリ」(2018年5月25日)

星の世界シリーズ 「二重星 コル・カロリ」 コル・カロリ提供:国立天文台  3等星のすぐ近くに5等星が並んで輝く。小型の望遠鏡で見分けることができる。 この季...

続きを読む

日本の野鳥「カイツブリ」(2018年5月25日)

日本の野鳥シリーズ 浮き巣をつくる「カイツブリ」 大人の両手のひらに乗るくいの大きさで、ほぼ一年中水の上で生活し、枯(か)れた水草を使っためずらしい浮(う)き巣をつ...

続きを読む

植物図鑑「ショウブ」(2018年5月25日)

植物図鑑シリーズ「ショウブ」 最近ではあまり行われなくなりましたが、5月5日のこどもの日にショウブの葉をお風呂に入れる習慣があります。サトイモに近い植物で、葉には特有の香...

続きを読む

星の世界「北極星と北斗七星」(2018年4月27日)

星の世界シリーズ 「北極星と北斗七星」 北極星と北斗七星ひしゃくの先の二つの星を5倍伸ばしたところに輝く北極星 © つくばエキスポセンター  北極星は、北の方角を知る...

続きを読む

日本の野鳥「ゴイサギ」(2018年4月27日)

日本の野鳥シリーズ ちょっと目がこわい「ゴイサギ」 田んぼに水が張られ、カエルたちの合唱が聞こえてくるようになると、真っ赤な目が印象的な「ゴイサギ」が姿を現します。...

続きを読む

昔の道具「風呂敷(ふろしき)」 (2018年4月27日)

昔の道具シリーズ 風呂敷(ふろしき) 物を包んで持ち運ぶために使われた大きな布です。平安時代から使われ、はじめは「平包」(ひらづつみ)と呼ばれていましたが、江戸時代...

続きを読む

植物図鑑「スミレ」(2018年4月27日)

植物図鑑シリーズ 「スミレ」 春に咲(さ)く代表的な花のひとつがスミレです。日本にはスミレの仲間は50種ほどあります。多くの花の色は「すみれ」色(むらさき色)ですが...

続きを読む

ものしり博士