昔の道具シリーズ

がん灯(がんとう)

江戸時代に発明された明りの道具で、中にロウソクが入っています。ロウソクを立てる台が回転するように作られているので、上下、左右、どの方向に動かしても、ロウソクは常にまっすぐ立ってたおれません。暗い道や場所をあちこち照らすには、とても役に立ちました。

 

協力:龍ケ崎市歴史民俗資料館

常陽小学生新聞5 月25 日号掲載