星の世界シリーズ

「天王星と海王星」

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した天王星(提供:NASA)

太陽系には、地球をふくめて8つの惑星(わくせい)があります。なかでも太陽から遠いところにあるのが、天王星と海王星です。現在、天王星はおひつじ座、海王星はみずがめ座に位置し、秋の夜空に見ることができますが、どちらも暗いため肉眼での観察は難しい天体です。天王星は、18世紀にハーシェルが望遠鏡を使った観測により発見しました。また、海王星は、19世紀にルヴェリエらの計算により存在が予測され発見につながりました。2つの惑星の発見は、科学と技術の進歩によりもたらされたのです。

探査機ボイジャー2号が撮影した海王星(提供:NASA)

協力:つくばエキスポセンター

常陽小学生新聞11 月26 日号掲載