テーマ「シリウス」

夜8時頃、南の空に青白い星が目をひく明るさでギラギラと輝いています。おおいぬ座のシリウスです。明るい星が多い冬の星座の中で、シリウスの明るさはナンバーワンです。シリウスは狼の目のようにも見えたことから天狼(てんろう)と呼ばれたり、見かけの輝きのイメージから大星(おおぼし)や青星(あおぼし)と呼ばれてきたそうです。冬も終わる夜空でシリウスを見つけてみましょう。

(ステラナビゲータ10/(株)アストロアーツ)

協力:つくばエキスポセンター