©国立天文台

 

テーマ「七夕の星」

季節は少しずつ夏に近づいてきました。7月といえばやはり七夕です。七夕とは中国から伝わった伝説がもとになっています。それに登場する織姫はとても働き者で裁縫が得意だったことから、裁縫の上達を願う風習として始まりました。日本に伝わった今では、短冊にお願い事を書いたり星に願ったりする日になっています。

東の空にベガ(こと座)が織姫星、アルタイル(わし座)が彦星となり、デネブ(はくちょう座)とともに夏の大三角を作っています。あなたもぜひ夏の夜空を見上げて七夕の星に願いをかけてみてください。

協力:つくばエキスポセンター