あまり聞きなじみのない名前ですが、関東地方では道端(みちばた)や庭で見ることのできる「雑草」です。2~3㌢ほどの濃(こ)い紫(むらさき)色の花をつけるシソ科の植物です。この植物には「ジゴクノカマノフタ(地獄の釜のふた)」という、こわそうな長い別名があることでも有名です。ちなみに日本で一番長い名前の植物は「リュウグウノオトヒメノモトユイノキリハズシ(龍宮の乙姫の元結の切り外し)」という水草です。

協力:筑波実験植物園
岩科 司