植物図鑑シリーズ

「スミレ」

春に咲(さ)く代表的な花のひとつがスミレです。日本にはスミレの仲間は50種ほどあります。多くの花の色は「すみれ」色(むらさき色)ですが、キスミレのように黄色の花をつけるものも8種ほどあります。この仲間のほとんどが「○○○スミレ」という名前ですが、高山に生えているキバナノコマノツメだけは名前に「スミレ」がついていません。日本で見られる植物はすべて草ですが、南半球には木になるスミレの仲間(スミレ科)もたくさんあります。

協力:筑波実験植物園 岩科 司

常陽小学生新聞2018年4月27日掲載