金髪(きんぱつ)のシラサギ「アマサギ」

日本でよく見られるシラサギの中で一番小さい鳥。東南アジアなどで冬をこし、春に日本にわたってきて子育てをします。冬は真っ白ですが、春になると頭から首、背中の一部がきれいなオレンジ色に変わり、目も赤くなります。田んぼにいることが多く、カエルやザリガニ、トンボ、イナゴなどをつかまえて食べます。土浦の桜川沿いに大きなサギのコロニーがあって、ほかの種類のサギといっしょに巣を作り、子育てをしています。

協力:雪入ふれあいの里公園 所長 川崎 慎二