日本の野鳥シリーズ

野原にいるタカ「ノスリ」

カラスより少し大きいタカの仲間で、平地の里山から山の森にすんでいます。冬になると、ロシアや北海道などからわたって来るものもいます。ほかのタカの仲間とちがって、目が茶色っぽいので、少しかわいい顔つきに見えるんですよ。畑や野原などで、ネズミやこん虫、トカゲなどをつかまえます。これからの季節、広い田畑のある場所を探してみると、電柱の上にとまってえものをねらっているノスリが見つかるはずです。

 

協力:雪入ふれあいの里公園 所長 川崎 慎二

常陽小学生新聞2019年10月25日号掲載