竹竿(たけざお)の先に、弓なりに反った金属のフック(=かぎ)がついているウナギとりの道具です。川底の泥にもぐりこんでいるウナギが息つぎをする穴を探して、カマを奥(おく)から手前に引いて、引っかけるようにしてつかまえます。この動作からウナギカキやウナギカマと呼ばれています。川の浅い場所は歩きで使いますが、深い場所は竿を長くして、図のように船のヘリを使って引っかけます。これでつかまえられるくらい、昔はウナギも多く水もきれいだったようです。

協力:龍ケ崎市歴史民俗資料館