昔の道具シリーズ

昔の道具「台秤(だいばかり)」

 

縦52センチ、横35センチの荷台がついた大型の秤です。荷台の下に車輪がついているので、おして移動することができます。お米などの重い農作物を量るのに便利で、農家で多く使われていました。現在は、デジタル式が出まわってきたので、分銅を使う台秤は少なくなってきました。

協力:龍ヶ崎市歴史民俗資料館

常陽小学生新聞12月14日発行号