もとは中国が原産の植物で、日本には奈良時代より前に伝わったとされ、現在では花は観賞用に、また若い果実はそのまま食べると毒がありますが、梅干しなどにすると食用になります。まだあまり花が多くない2月から3月のはじめにかけて花が咲(さ)くので、ウメの名所はにぎわいます。花の色は白から淡(あわ)い赤色で、濃(こ)い黄色や紫(むらさき)色の品種はありません。

協力:筑波実験植物園 岩科 司