沖縄を除く日本全国の低山にふつうに生えているばかりでなく、庭園などにも広く植えられているバラ科の植物ですが、野生のものは日本以外では、中国の一部にしかありません。花の色は濃(こ)い黄色で、植物の名前をとって「山吹(やまぶき)色」といわれます。一般には、この植物は実をつけないと思われることが多いのですが、それは雄しべが花びらに変化してしまった「ヤエヤマブキ」だけで、実際には実をつけることができます。

協力:筑波実験植物園
岩科 司