最近ではグミというと、おかしを思いうかべるひとが大多数だと思いますが、植物のグミは、アキグミやナワシログミなど、日本に15種類以上が知られている、関東でもふつうに見かける低木です。花はあまり目立ちませんが、1~2センチほどの赤い実は、少ししぶいのですがあまく、少し前までは、田舎では子供たちがおやつ代わりによく食べたものです。鳥にもその実はよく好まれ、鳥のふんと共にまき散らされ、ちょっとした空き地ではよく芽生えています。

協力:筑波実験植物園
岩科 司