日本の野鳥シリーズ

勢力を広げた「ハクセキレイ」

水辺でくらすツートーンカラーのかわいい小鳥です。昔は、北海道など寒いところにしかいなかったのですが、だんだんと南に勢力を広げてきました。建物のすきまや屋根裏などにも巣を作るようになったのも、増えた理由かもしれませんね。長い尾羽(おばね)を上下にぴくぴくと動かしながら歩き、小さな虫をさがして食べています。ときには、飛んでいる虫を空中でつかまえる「フライキャッチ」をすることもあるんですよ。

 

協力:雪入ふれあいの里公園 所長 川崎 慎二

常陽小学生新聞2019年9 月27日号掲載