星の世界

©つくばエキスポセンター

四季折々の星空のうち、もっとも明るい星がたくさん見える冬。その中でもひときわ目立つのが、冬の星空のシンボル、オリオン座。オリオン座の右肩には、印象的な赤い星ベテルギウスが輝いています。ベテルギウスは、地球から約640光年の距離にあり、質量は太陽の約20倍、直径は太陽の1,000倍以上も大きな星です。

最近の観測によると、ベテルギウスは急激に暗くなっていることが確認されました。

実はベテルギウスは、近いうちに超新星爆発を起こすと考えられています。

超新星爆発が起こると急激に明るくなり、半月から満月くらいの明るさで輝きます。

超新星爆発を起こしたベテルギウスは、最終的に中性子星かブラックホールになると考えられています。

つくばエキスポセンター