日本の野鳥シリーズ

かわいいタカ「チョウゲンボウ」

広い田んぼや畑、草原など見晴らしのよい場所にすんでいる、ハトくらいの大きさのハヤブサの仲間です。ひげのような模様のあるかわいらしい顔をしていますが、トカゲやバッタ、トンボ、ネズミ、小鳥などをつかまえる肉食の鳥。空中でホバリングしたあと、急降下して獲物(えもの)をつかまえます。電柱や電線にとまって獲物を探していることも多いので、「カラスかハトだろう」と思わずによく観察してみましょう。

 

協力:雪入ふれあいの里公園 所長 川崎 慎二

常陽小学生新聞2020年12月18日号掲載