日本の野鳥シリーズ

砂浜に巣づくり「シロチドリ」

スズメくらいの大きさの水鳥で、砂浜(すなはま)のある海岸にすんでいます。波が引いた後には、小さな生き物が砂浜に打ち上げられていることがあり、それを探して食べています。砂浜の小石や草のまじったところに巣を作るのですが、卵もひなも地面の模様にそっくり。まちがってふんだりしないよう注意したいですね。これから海水浴のシーズンですね。海へ遊び出かけたら、ぜひシロチドリを探してみてください。

 

協力:雪入ふれあいの里公園 所長 川崎 慎二

常陽小学生新聞2021年7月16日号掲載