アオキ

アオキは栽培(さいばい)がやさしいので、庭でよく見られる植物です。日かげを好むので、たいていは暗いところに植えられています。野生の植物は、世界中で日本の本州と四国にだけ見られるめずらしい植物です。枝の色が一年中緑色であることからアオキと名づけられました。3月から5月にかけて、小さな黒っぽい花を咲かせ、冬につやのある赤い実をつけます。この実は鳥が大好きなようで、春になるとたいていは食べられてしまっています。

協力:筑波実験植物園 岩科 司