電気やガスがなかった時代は、炭火(すみび)アイロンや火鉢(ひばち)、こたつなどの家のなかのいろいろな道具の燃料に、かまどで火をつけた炭が使われていました。その炭火を持ち運ぶときに使っていたのが、鉄でできた火箸(ひばし)と木の持ち手がついた十能(じゅうのう)です。置いたときにたたみやゆかを焦(こ)がさないよう、この十能の下には台がついており、片手鍋(なべ)を重ねたような形をしています。

十能(じゅうのう)

火箸(ひばし) 

 

 

協力:龍ケ崎市歴史民俗資料館