魔法瓶

魔法瓶は、中のお湯の温度を熱いまま長時間たもつことができるすぐれものです。まさに「魔法のようなビン」なので、この名前がついたと言われています。写真のものは、60年くらい前に使われていたものです。お湯を沸(わ)かすことも保温することもできる今の電気ポットがなかった時代は、やかんでお湯を沸かしたら冷めないうちにこの魔法瓶に入れておきました。そうしておくと、必要な時にすぐ熱いお湯を使うことができるため、多くの家庭で使われていました。

 

協力:龍ケ崎市歴史民俗資料館