ドクダミ

日本全国の道ばたなどにふつうに見かける植物です。 「毒」という言葉がついているのと、かなり強いにおいがあるので、毒のある植物のように思ってしまいますが、毒はなく、古くから薬として用いられているだけでなく、天ぷらなどにして食べることもできます。白い花びらのようなところは苞(ほう)と呼ばれる部分で、雄(お)しべと雌(め)しべはありますが、花びらもがくもなく、実をつけることもありません。

 

協力/筑波実験植物園
岩科 司