ヤイトバナ

ヤイトバナという名前は知らない人が多いかも知れませんが、別名のヘクソカズラは知っている人が多いと思います。植物全体にいやなにおいがあるので、この別名がついています。本当の名前のヤイトというのは、「おきゅう」のことで、花の形がおきゅうをすえた跡(あと)に似ていることから名づけられました。花は真夏の8月から9月にかけて咲(さ)き、日本全国の日当たりのよいやぶや、草地でふつうに見ることができます。

協力/筑波実験植物園
岩科 司