日本の野鳥シリーズ

くりくり目玉の「コチドリ」

 

スズメくらいの大きさの水辺の鳥。黄色いアイリングのある大きな目で、小さな虫などをさがし、見つけるとサッと走りよってついばみ取ります。海岸や河原などをすみかにしていますが、街の中の砂利(じゃり)でできた駐車場や空き地で見かけることも。コチドリは、小石のまじった砂地に、浅いあなをほって巣を作るので、ひろびろとした砂利の駐車場は、巣を作るのによい場所なのかもしれません。車につぶされないか心配ですね。

 

協力:雪入ふれあいの里公園 所長 川崎 慎二

常陽小学生新聞2020年9月4日号掲載