この道具は、ガラスでつくられた魚とりの道具です。ビンのような形をしていることから、ビンダルと呼ばれています。透明(とうめい)のビンダルは川底にしずめると目立たないので、小魚は中のえさにさそわれてどんどん入っていきます。入りこんだら最後、入口の出っ張り(かえし)のために外に出られなくなるのです。ガラスは割れやすく危険なので、割れにくい透明なセルロイドという素材でできたセルビン(タフビン)と呼ばれるビンダルも使われるようになりました。

ビンダル

 

協力:龍ヶ崎市歴史民俗資料館