タルは、川で魚などを捕(つか)まえる道具です。全体はたてに細く切った竹を編んで作られています。奥(おく)にむかってせまくなっている変わった形の入り口(「かえし」といいます)によって、中にしかけたえさに誘(さそ)われて入ってきた魚が、外に出られなくなる仕組みです。これを川の底に沈(しず)めておくことで、ドジョウやウナギ、小魚を捕まえることができます。「ウケ」「ズ」「ドウ」など、地域によっていろいろな呼び方があります。

タル

入口かたみたタル

協力:龍ヶ崎市歴史民俗資料館