ヤドリギは漢字では「宿り木」と書きます。その名前の通りで、ケヤキ、サクラ、ブナなど、さまざまな植物に寄生して、水や栄養などをうばい取ります。

しかし、葉は緑色なので、自分でも栄養を作ることができます。北海道から九州にかけて、また中国や韓国にも分布しています。

一年中葉が緑色のままなので、多くの植物が葉を落とす冬になるとよく目立ち、意外とふつうにある植物であることに気がつきます。

 

協力:筑波実験植物園
岩科 司